購入方法

—巻頭言—

<English version is below>

冷戦が崩壊してから、すでに30年近くが過ぎようとしている。“OSAKAN SOCIALISM”と名づけられたこの小さな写真集は、遠のいていく歴史の残響を聴きとろうとするささやかな試みのひとつだ。

もちろん、日本が国家の正当なイデオロギーとして社会主義を公認したことはこれまで一度もなかった。1945年の敗戦以降、日本は、国際的にはアメリカとの同盟関係を基盤としながら、西側諸国の一員として経済的な繁栄を享受してきた。とはいえ、ときに「最も成功した社会主義国」と揶揄されたように、その中央集権的な経済体制は、純粋な資本主義の姿からはほど遠かったし、かつての最大野党、日本社会党の綱領は「日本における社会主義への道」だった。

そのリアリティはさておき、現実とは異なる世界について、いまより多くのひとびとが想像力を逞しくしていた時代がかつてあった。だが、そうした揺らぎは、90年代以降の剥き出しのグローバリズムの中ですっかりかき消されてしまったようにみえる。

いま、大阪という都市は、2025年に再び訪れる万博を前に大きく変わろうとしている。ただ、その最中でも、「ここではないどこか」の影は、観光ガイドや名建築ガイドには載らない、匿名的な風景のなかにひっそりと射しているのではないだろうか?

普段、美的には見落とされがちな、薄暗い大阪の風景を揺らぎのなかで眺め直してみる。すると、思わず「社会主義的」と形容したくなるような幻視の瞬間がたしかに存在する。そうした瞬間の積み重ねによって、この小さな写真集は生まれた。


It has been almost 30 years since the end of the Cold War. Socialism has never officially approved of as a national ideology of Japan. Since the loss of World War II, Japan has enjoyed economic prosperity as a Western Bloc country, depending on the alliance with America. However, Japan's centralized economic structure, which was sometimes described as “the most successful socialism”, was far from what was thought to be pure capitalism, and Japan Socialist Party, a former biggest opposition party, campaigned on a platform of “the road to socialism in Japan”.

Whether it was realistic or not, there was a time when many more people than today showed their imagination for another world. But those possibilities seem to have sunk into oblivion under overwhelming globalism since the 1990s.

Socialism as “somewhere but here”, however, has had complicated influences on Osaka, which has been for a long time the second largest city of unique presence in Japan. The shadows the influences cast on Osaka lie in the impersonal and nameless scenery which doesn’t appear on tourist information. The scenery of Osaka may usually seem just inartistic and gloomy, but when we look at the scenery with historical imagination, we meet the moment when we see “socialism” in the scenery. The repetition of such a moment created this small collection of photographs named “OSAKAN SOCIALISM”. This is a small attempt to listen to the fading reverberation of history.

取扱書店

在庫は各書店にお問い合わせください。

大阪
- LVDB BOOKS (東住吉区田辺)
- FOLK old book store (北浜)
- blackbird books (緑地公園)
- シカク (西九条)
- toi books (本町)
京都
- 誠光社 (河原町丸太町)
- レティシア書房 (高倉二条)
- 烽火書房 (北区平野)
- ホホホ座 三条大橋店 (三条大橋)
- 京都岡崎 蔦屋書店 (岡崎)
神戸
- 1003 (元町)
秋田
- 乃帆書房
東京
- 古書ソオダ水 (早稲田)
- 屋上 (西日暮里)
- Readin' Writin' (田原町)
- H.A.Bookstore (蔵前)
- TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア (渋谷)
- 双子のライオン堂 (赤坂)

書籍情報

『OSAKAN SOCIALISM ―大阪的社会主義風景―』
[編集]麗日
[撮影]島田春菊
[企画/デザイン]水谷秀人
[発行日]2019年12月1日
[発行者]水谷秀人
[判型]B5変形判(W/H:182mm)
[ページ数]44ページ
[本体価格]1,300円(税込)
[連絡先]osakansocialism@gmail.com